トイドローン

DJI史上もっともコンパクトなドローン「Mavic Mini」登場

2019年10月31日 DJIは手のひらサイズの超軽量折りたたみ式のMavic Miniを発表しました。

DJIは日本特別モデルを開発し、重量はわずか199g。
200g未満のドローンは改正航空法の対象外となるため、国土交通省への申請も不要になります。
人口集中地区でも許可を取得せずに飛行が楽しめ、持ち運びや飛行操作が容易で、幅広い層がより手軽に扱えるのが魅力です。

Mavic 2 Zoomと同等のカメラ性能

搭載しているカメラのセンサーはMavic 2 Zoomと同じ1.2/3インチCMOS。
有効画素数は1200万画素でフルサイズ換算24mm。
動画解像度は最高画質で2.7K/30fps。
3軸ジンバル搭載でカメラを安定させ、魅力的な映像を高解像度で撮影することができます。

簡単操作でSNS映えの撮影ができる

DJI Flyアプリのクリエイティブ機能を使えば、スマートフォンの画面を数回アップするだけで気軽にまるで映画のような滑らかな仕上がりにすることが可能です。 クイックショットも充実で、「ロケット」「サークル」「ドローニー」「ヘリックス」の4つの撮影モードがドローン撮影初心者でもワンタッチで行えます。

ロケット:高度制限を設定し、カメラを真下に向け、被写体を捉えたまま、真上に上昇
サークル:一定の高度と一定の距離で被写体の周囲を周回
ドローニー:高度制限を設定し、被写体を捉えたまま、後方に飛行しながら上昇
ヘリックス:高度制限を設定し、渦巻きのように被写体の周囲を旋回しながら空中に上昇

航空法に合わせた日本限定199gモデル

本体の外観や装備は249gのグローバルモデルとまったく同じで、バッテリー容量を減らして重量を199gに抑えました。
それでも約18分、飛行可能なので十分撮影できます。
小さなケースの中にぴったり収まるサイズのなので、旅行先などにも手軽に持ち出し可能です。

200g以下のドローンの中で最も安全

高度制限、機体が送信機との接続を失った場合やバッテリー残量がわずかになった場合の離陸点への自動機関機能(RTH)、飛行禁止区域を回避するための時オフェンスなどがあるので、安全面にも対応しています。

衝突防止センサーやカメラ類は最小限に抑えられており、後方や側面は壁などの障害物を検知することが出来ません。
しかし、プロペラを360度保護するプロペラガードを用意し、壁などに接触してもプロペラの破損や機体の姿勢が崩れることがないように配慮しています。

Mavic Mini

販売価格はスタンダード版が4万6,200円(税込)、プロペラガードや予備バッテリーなどがセットになったFly Moreコンボが5万9,400円(税込)。
賠償責任保険が1年間無料附帯されています。

10月31日(木)より予約受付、11月中旬から販売しています。

Mavic Miniで異次元の映像体験を堪能できるはず。
ぜひゲットしてみてください。

Mavic Mini