ドローン

【初期登録編】オンラインで総務省の電波利用申請をやってみた

【初期登録編】オンラインで総務省の電波利用申請をやってみた

一般向けのドローンは「2.4GHz帯」の周波数を使用していますが、ドローンレース向けのドローンは「5.8GHz帯」の周波数が使われています。
この「5.8GHz帯」のドローンを使用するためにはアマチュア無線4級の免許取得と無線開局手続きが必要です。

電波利用 電子申請・届出システム

総務省への電波利用に係る手続きを電子証明書を利用してインターネットで受け付けるシステムです。
いつでもどこからでも手続きができて、書面申請に比べて申請手数料が約30%もお得になります。

電波利用 電子申請・届出システム

総務省 電波利用 電子申請・届出システム

https://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

新規ユーザ登録

新規ユーザ登録

必要な免許の確認

電場申請するためには、アマチュア無線4級の無線従事者免許が必要です。
無線局免許状は持っていなくても問題ありません。

利用規約の確認

ユーザ情報の選択

「個人」か「社団」のどちらかを選択します。

ユーザ情報の入力

住所や電話番号など個人情報を入力します。
ここで入力された住所にユーザIDと仮パスワードが記載された通知書が届きます。

免許情報の入力

無線従事者免許証の番号を入力してください。
無線局免許状を持っていない方は「未開設」を選んでください。

連絡先の入力

メールアドレスを登録しておけば免許の有効期限満了前に連絡を受け取ることができます。

ユーザ情報の確認

送信完了・問い合わせ番号の確認

送信が完了すると問い合わせ番号が表示されます。
問い合わせ番号は、ユーザ登録に関する問い合わせを総合通信局などに行う際に必要になるので控えておきましょう。

申し込みから1週間程度で「ユーザID通知書」が郵送されてきます。
ユーザID通知書に記載されている「初期パスワード」のままでは電子申請が出来ないため、パスワードの変更を行ってください。